東芝は、無線 LAN 対応 SDHC メモリカード「FlashAir」シリーズの新製品として、SD スピードクラス「Class 10」対応で記憶容量 32GB の「SD-WD032G」を11月16日に発売する。無線 LAN データ通信を中継する新機能を搭載し、スマートフォンから無線 LAN を介して FlashAir 経由でインターネット接続できるようにした。価格はオープン。

東芝、無線 LAN 対応 SDHC メモリカード「FlashAir」の 32GB を発売へ、ネット接続中継が可能に
SD-WD032G

FlashAir は、SD メモリカード規格 Ver.4.00 に準拠し、無線 LAN 通信(IEEE802.11b/g/n)機能を搭載する SDHC メモリカード。FlashAir 対応のデジタルカメラなどの機器間でファイルの無線送受信が可能なため、撮影した写真やカード内のデータを、ほかのスマートフォンやタブレットにワイヤレス転送できる。無線 LAN 環境があれば、クラウド ストレージ サービスへデータをアップロードすることも可能。

カメラなどに入れた FlashAir 内の写真をスマートフォンへ転送するには、スマートフォンの無線 LAN 接続先ネットワークを SSID「FlashAir」に設定して行う。この状態で写真を Facebook や Twitter などの SNS に投稿しようとすると、従来の FlashAir を使っている場合は無線 LAN 設定をインターネット接続可能なアクセスポイントに切り替えるか、無線 LAN 接続を止めて 3G/LTE 接続に変えるかする手間が発生した。

新製品の SD-WD032G はこの手間を省くため、「インターネット同時接続機能」を新たに搭載。例えば、スマートフォンの無線 LAN 接続先を FlashAir に設定したままでも、SNS 投稿時は SD-WD032G が接続を自動切り替えして、インターネット接続しているアクセスポイントへデータを中継してくれる。3G/LTE ネットワークへの中継は行わない。

左:従来は必要だった無線 LAN の切り替え 右:インターネット同時接続機能で切り替えが不要に
左:従来は必要だった無線 LAN の切り替え
右:インターネット同時接続機能で切り替えが不要に

このインターネット同時接続機能は、従来製品のうち Class 10 対応の 16GB 版「SD-WC016G」と 8GB 版「SD-WC008G」でも11月18日公開予定のソフトウェア更新ツールによるバージョンアップで利用可能となる。

ただし、Class 6 対応の 8GB 版「SD-WB008G」「SD-WL008G」は対応しない。