クロスリンクマーケティングは、「Polaroid」ブランドの子ども向けタブレット端末「Rainbow Pad」を、全国のトイザらス店舗および「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」にて11月15日より販売する。価格は1万4,999円。

Rainbow Pad は、Wi-Fi でインターネットに接続して勉強や遊びを楽しむことができるタブレット。絵本やパズルなどの子ども向けアプリを標準搭載しているほか、2メガピクセルのデジタルカメラを内蔵し、撮った写真をアプリで加工したり、メール機能を使って両親に送ったりなどコミュニケーションツールとしても利用可能。また、子ども向け端末として「ペアレントロック機能」も備えており、不適切なアプリを保護者がブロック設定できる。

「Polaroid」ブランドのスマートデバイス日本上陸、第1弾はキッズ向け7インチタブレット
Polaroid ブランドの子ども向けタブレット「Rainbow Pad」

Android OS のバージョンは4.1、CPU は Coretex A9 を採用。 メモリは 512MB。7インチディスプレイで、画面解像度は800×480ピクセル。おおよその本体サイズは、幅154×高さ 207×厚さ 16.8mm。重さは393g。通信機能は無線 LAN(IEEE802.11b/g/n)のみ。

同社は Polaroid ブランドの端末ラインアップを順次拡大し、今後3年間の累計販売台数として、スマートフォン15万台、タブレット端末26万台を目指すとしている。