最近、Amazon Kindle Paperwhite のテレビ CM を頻繁に目にする。一般の人たちが Kindle Paperwhite を手渡され、実際にそれを使用して感想を述べるというものだ。登場する人たちはすべて「読書好きの一般人」であり、映像は隠しカメラで撮影したものとされる。

この新型 Kindle Paperwhite の CMは、米国でも同様なものが放映されている。セットも似通っているし、登場する人たちも「読書好きの一般人」とされている。Paperwhite で読書する様子を隠しカメラで撮影しているという設定も同じだ。

Amazon、米国で Kindle Paperwhite と iPad を比較するテレビ CM
米国向け Kindle Paperwhite CM の一コマ
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)

字幕には「実在の人々。隠しカメラでの撮影」とある(
字幕には「実在の人々。隠しカメラでの撮影」とある
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)

だが、米国版 CM には、日本版 CM と大きな違いが1つある。米国版では、登場する人たちが iPad を手にし、Kindle Paperwhite との読書体験を比較しているのだ。

登場人物は一様に Paperwhite を絶賛し、iPad は屋外での読書には向かないと述べている。たとえば、ある男性は、「タブレット(iPad)での読書は、私には合わなかった」と語る。

「タブレットでの読書は、私には合わなかった」と語る男性
「タブレットでの読書は、私には合わなかった」と語る男性
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)

別の女性は、左手に iPad、右手に Kindle Paperwhite を持ち、「iPad は重いし、(画面が反射して)とても見にくい。Kindle は、(文字が)鮮明に見える」と語っている。

「iPad は重いし、とても見にくい。Kindle は、鮮明に見える」と語る女性
「iPad は重いし、とても見にくい。Kindle は、鮮明に見える」と語る女性
字幕には、「iPad には電源が入っています」とある
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)

また別の女性は、「(Kindle Paperwhite は)バッテリーが、何週間も持つ」と述べ、iPad のバッテリーがすぐに切れてしまうことを暗に批判している。

「(Kindle Paperwhite は)バッテリーが、何週間も持つ」と語る女性
「(Kindle Paperwhite は)バッテリーが、何週間も持つ」と語る女性
iPad のバッテリーがすぐに切れてしまうことを暗に批判している
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)

Kindle Paperwhite 米国版 CM

実は Amazon が iPad との比較広告を放映したのは、今回が初めてではない。Amazon は初代 Paperwhite の CM でも、iPad と思えるタブレット端末との比較広告を放映していた。

ビーチで Kindle Paperwhite を使って読書する女性
ビーチで Kindle Paperwhite を使って読書する女性
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)

この CM の舞台はビーチ。登場する人たちは一般人ではなく役者だった。だが、CM の発するメッセージは同じ。女性が Kindle Paperwhite で読書する横で、男性が iPad(と思える端末)での読書を試みる。だが、文字が読めないため読書を諦め、iPad で Kindle Paperwhite を発注した後、仲間と酒を飲むというストーリーになっていた。

iPad での読書を試みる男性
iPad での読書を試みる男性
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)

読書を諦め、仲間と一杯やることに
読書を諦め、仲間と一杯やることに
(出典:YouTube Amazon Kindle チャンネル)