UQ コミュニケーションズと MVNO 各社は、下り最大 110Mbps の超速モバイルインターネットサービス「WiMAX 2+(ワイマックスツープラス)を10月31日に開始する。対応エリアは、当初、環状7号線(東京都道318号線)内の一部から開始し、2013年度末には東名阪、2014年度末には全国に拡大する予定。

これに伴い、WiMAX 2+ 対応 Wi-Fi ルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(HWD14)の販売を、10月31日に UQ オンラインショップと MVNO 各社で開始する。

UQ、「WiMAX 2+」サービス開始で対応ルータを販売
HWD14

HWD14 は、2年間月額3,880円で WiMAX 2+ と WiMAX を速度制限なしで使える。オプションで au 4G LTE も利用できる。

また、UQ と MVNO 各社は、11月12日から順次、KDDI の auスマートフォンを利用できる「au スマートバリュー mine」への対応を開始する。

今後 UQ は、新規割当ての 20MHz と既存の 30MHz を合わせた連続 50MHz の周波数を有効活用、「WiMAX」と「WiMAX 2+」を一体的に展開、またMVNO 各社との連携をさらに強化する意向。