マップル・オンは、Android 向けアプリケーション「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」を KDDI のスマートフォン向け有料サービス「au スマートパス」にて提供開始した。

Android 向けアプリ「震災時帰宅支援マップ」、au スマートパスで提供開始--オフラインでも利用可能
Android 向けアプリ「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」

震災時帰宅支援マップ 首都圏版は、震災などの有事に有用な調査データを収録した地図アプリケーション。大地震が発生して都心の公共交通網が麻痺した際に、自宅や一時避難先まで歩いて帰るためのサポートをする。自宅などの「目的地」を登録してスマートフォンの GPS 機能を利用することで、自分の位置や帰宅方向を地図上に表示するほか、歩いてきた道のりの軌跡など、目的地までのルートや距離・方向をその都度確認できる。

独自の「30日間承認」システムを採用しており、最終利用日から30日間はオフラインでも利用可能。また GPS は携帯圏外でも利用できるため、電話がつながらない状況でも自位置(現在地)を確認することができる。

利用には、au スマートパスの月額費用390円が必要となる。