米国 Apple は、タブレット端末「iPad」の第5世代モデルに相当する新製品「iPad Air」を11月1日に発売する。1年前に発売した第4世代モデルと同じく画面は9.7インチ「Retina」ディスプレイだが、重さを28%も軽量化させて 500g を切り、厚さも20%薄くした。また、プロセッサは 64ビットの「A7」チップに強化している。

Apple、第5世代の「iPad Air」を11月1日発売、500g を切り厚さ 7.5mm に、日本ではソフトバンクと KDDI
iPad Air
(出典:Apple)

米国におけるメーカー希望小売価格は、Wi-Fi 版の 16GB モデルが499ドル、32GB モデルが599ドル、64GB モデルが699ドル、128GB モデルが799ドル。Wi-Fi+Cellular 版は、16GB モデルが629ドル、32GB モデルが729ドル、64GB モデルが829ドル、128GB モデルが929ドル。日本では、ソフトバンクモバイルが Wi-Fi 版と Wi-Fi+Cellular 版の両方を、KDDI が Wi-Fi+Cellular 版をそれぞれ11月1日に発売する。

画面は9.7インチ、2,048×1,536ピクセル表示、解像度 264ppi で、第4世代モデルと同等。プロセッサは強化され「iPhone 5s」と同じ64ビットの A7 チップとなり、処理性能が従来の2倍に高まったという。同チップは省電力化にも貢献しており、10時間の駆動時間を確保しつつバッテリ軽量化につながったそうだ。無線 LAN(Wi-Fi)については、2つのアンテナを使う MIMO 技術を採用したことで通信速度が2倍になり、最大 300Mbps になるとしている。

第4世代 iPad から28%軽く、20%薄く (出典:Apple)
第4世代 iPad から28%軽く、20%薄く
(出典:Apple)

サイズは高さ 240×幅169.5×厚さ 7.5mm。重さは、Wi-Fi 版が 469g、Wi-Fi+Cellular 版が 478g。ボディカラーは「Space Gray」「Silver」の2色。

カラー バリエーション 左:Space Gray、右:Silver (出典:Apple)
カラー バリエーション
左:Space Gray、右:Silver
(出典:Apple)

背面 左:Wi-Fi 版、右:Wi-Fi+Cellular 版 (出典:Apple)
背面
左:Wi-Fi 版、右:Wi-Fi+Cellular 版
(出典:Apple)