NEC は、汎用 IA サーバーの仮想化基盤上にネットワーク機能を実現(NFV:Network Functions Virtualization)した通信事業者向け仮想化モバイルコアネットワークソリューション(vEPC:Virtualized Evolved Packet Core)の販売を、世界で初めて開始した。

このソリューションは、7月に発表した「NEC SDN Solutions」の、テレコムキャリア市場向け「ネットワーク機能仮想化ソリューション」メニューとして最初に提供するもの。

LTE 基地局を収容するモバイルコアネットワーク装置(EPC)の MME、S-GW/P-GW などの機能を、オールインワンで汎用 IA サーバーの仮想化基盤上で実現する。これにより、ネットワークの統合運用と管理の自動化、制御の最適化などが可能になる。

また仮想化基盤を使うことで、通信処理の負荷変動に対応してサーバーリソースを自動的に増やし、通信処理の負荷増大に柔軟に対応できるようになる。何よりも、汎用 IA サーバーを利用できれば、装置コストを低減、調達リードタイムも短縮できるようになる。

NEC、世界初、通信事業者向け SDN 仮想化モバイルコアネットワークソリューションを販売
仮想化モバイルコアネットワークソリューション

MME(Mobility Management Entity)は、LTE 端末の位置登録や着信時の端末呼び出し処理、無線基地局間ハンドオーバーなどのモビリティ管理を行うノードで、S-GW(Serving Gateway)は、LTE と 3G システムにアクセスする携帯端末の音声やパケットなどのユーザーデータを処理するノード。また、P-GW(PDN Gateway)は、コアネットワークと IMS(IP Multimedia Subsystem:マルチメディアアプリケーションを IP で実現するためのサブシステム)あるいは外部パケット網とのインターフェイスを持つノード。

NEC はこの vEPC をミャンマーの通信インフラ構築プロジェクトの一環として納入しており、12月には稼働を開始する予定。