東芝は、ポータブルハードディスク「CANVIO」(キャンビオ)シリーズの新商品で、外出先でもスマートフォンやタブレットからインターネット経由で内蔵データにアクセスできる「CANVIO CONNECT」と「CANVIO SLIM」の販売を10月26日に開始する。

専用ソフトをインストールした PC にこのポータブルハードディスクを接続すると、外出先でもスマートフォンやタブレットから、このポータブルハードディスクや PC 本体に保存されたデータにアクセスできるようになる。

特定のデータを複数で共有できる機能があり、家族や友人などに写真を公開することもできる。また、この商品の購入者には、クラウド上で 10GB のデータを保存できるサービスが無料されるそうだ。

CANVIO CONNECT には、記憶容量 2TB、1TB、500GB の3種類あり、2TB、1TB モデルは5色、500GB モデルは3色のカラーを用意した。

2013年度グッドデザイン賞を受賞した CANVIO SLIM はアルミボディのシンプルなデザイン。従来機種の500GB モデルに加え、今回は1TBモデルも追加した。

東芝、スマートフォンからアクセスできるポータブルハードディスク「CANVIO」を販売
「CANVIO」シリーズラインアップ

両製品とも高速転送新規格インターフェイス USB3.0(5Gbps)を採用、USB2.0(480Mbps)に比べ、10倍以上の速度で大容量データをコピーしたり転送したりできる。USB2.0 にも対応しているので、USB2.0 対応の PC やテレビにも接続できる。

対応 OS は Windows と Mac OS X で、内蔵ソフトウェア「Tuxera NTFS for Mac」を Mac OS X 環境にインストールすると、その都度再フォーマットすることなく Windows と Mac OS X の両方でデータの読み書きができる。

Windows 専用「ファイナル丸ごとバックアップ」を内蔵、簡単な操作でデータをバックアップできる。また、USB ケーブル1本で機器と接続して利用できる。電源ケーブルも必要ない。