東芝は、無線 LAN 対応 SDHC メモリカード「FlashAir」シリーズの新製品として、SD スピードクラス「Class 10」対応で記憶容量 8GB の「SD-WC008G」を10月19日に発売する。価格はオープン。

東芝、Class 10対応 8GB の無線 LAN 対応 SDHC メモリカード「FlashAir」を10月19日発売
FlashAir SD-WC008G

FlashAir は、SD メモリカード規格 Ver.4.00 に準拠し、無線 LAN 通信機能を搭載する SDHC メモリカード。FlashAir 対応のデジタルカメラなどの機器間でファイルの無線送受信が可能なため、撮影した写真やカード内のデータを、ほかのスマートフォンやタブレットにワイヤレス転送できる。無線 LAN 環境があれば、クラウド ストレージ サービスへデータをアップロードすることも可能。

FlashAir で写真をワイヤレス転送 (出典:東芝)
FlashAir で写真をワイヤレス転送
(出典:東芝)

新製品の SD-WC008G は、Class 10 対応であり、読み書き時のデータ転送速度が毎秒 10MB 以上になるという。無線 LAN の対応規格は IEEE802.11b/g/n。

既存製品は、Class 6 対応 8GB の「SD-WB008G」と、Class 10 対応 16GB の「SD-WC016G」の2種類。