台湾 HTC は、新型スマートフォン「One Max」を公開した。5.9インチの大画面ディスプレイと、指紋スキャナを搭載している。

HTC、指紋スキャナを搭載した5.9インチサイズのスマートフォン「One Max」を発表
HTC の新型スマートフォン「One Max」

HTC はこのところ、様々な”うわさ”によって話題になっていた。最新のうわさでは、PC ベンダーである Lenovo が HTC の買収に関心を持っているとされていた。また、Microsoft が HTC に対して、同社スマートフォンに Windows Phone OS を搭載するよう働きかけているといううわさも流れていた。

このようなうわさのある中、HTC 幹部は One Max が同社の財務状況を再び健全なものにすることを望んでいる。HTC CEO である Peter Chou 氏は、声明で次のように述べている。

「HTC One Max のサイズとパワーは、利用者が望むすべてを、妥協することなく実現可能にしている」

HTC One Max には、Qualcomm による ARM ベースの 1.7GHz Snapdragon 600 チップが搭載される。画面サイズは、5.9 インチ。ストレージは、16GB と 32GB から選択可能だ。

Qualcomm 1.7GHz Snapdragon 600 チップを搭載
Qualcomm 1.7GHz Snapdragon 600 チップを搭載

指紋センサーはデバイスの背面に搭載されている。この位置は、1日に何度もスマートフォンをチェックする利用者に便利だという。指紋センサーを利用することで、利用者はデバイスのロック/アンロックができる他、お気に入りのアプリの起動も可能になる。アプリは3つまで登録でき、例えば、中指でセンサーにタッチすることで Facebook、薬指でタッチすることで Twitter が起動するように設定することが可能だ。

背面に搭載された指紋センサー
背面に搭載された指紋センサー

One Max の発売は、10月中旬に予定されている。