韓国 Samsung は10月9日、世界初の曲面ディスプレイ搭載スマートフォン「GALAXY ROUND」を発表した。韓国では10月10日から販売が開始される。

Samsung、世界初の曲面ディスプレイ搭載スマートフォン「GALAXY ROUND」を発表
世界初の曲面ディスプレイを搭載したスマートフォン「GALAXY ROUND」

GALAXY ROUND は、フル HD Super AMOLED を採用した5.7インチの大型ディスプレイを搭載する。厚さは7.9mm で、重さは154g。背面パネルには GALAXY Note 3 同様、レザー風の素材が採用されている。

背面パネルには滑りにくレザー風素材を使用
背面パネルには滑りにくいレザー風素材を使用

そしてそのボディは、わずかに”湾曲”している。

「GALAXY Round」のボディは湾曲している
「GALAXY ROUND」のボディは湾曲している

ボディを湾曲させたことで、この大型デバイスはより手に馴染みやすくなり、デバイスの落下などを防げるのだという。些細なことのようだが、これは意外と重要だ。

GALAXY S III は、4.8インチの大型ディスプレイを搭載したデバイスだったが、片手で持つには大きく、ボディも滑りやすかった。何より、片手で持ったときの親指操作が困難だった。

GALAXY ROUND は、こういった、大型ディスプレイ端末が共通に持つ問題を解決するかもしれない。ボディが湾曲していることで、掴みやすくなっただけでなく、片手で持った際の親指操作が容易になっているのだ。

湾曲ボディのメリットはこれだけではない。Samsung は曲面デザインにより新たな機能が実現できたと述べている。その1つが「Roll Effect」。例えば、GALAXY ROUND がホームスクリーンがオフの状態でテーブルの上に置かれているとしよう。利用者が GALAXY ROUND のボディを指先で傾けたとする。このとき、Roll Effect 機能は本体が傾いたことを検知し、ディスプレイに日付やバッテリー残量などの情報を表示する。

GALAXY ROUND のボディを右や左に傾けることで、音楽再生をコントロールすることも可能だ。Samsung は次のように説明している。

「音楽プレイヤーが動作しているとき、デバイスの左側を短く押すことで1つ前の曲に戻れる。右側を押せば、次のトラックにジャンプする」

GALAXY ROUND は、傾けることで様々な操作ができる
GALAXY ROUND は、傾けることで様々な操作ができる

片手での操作を容易にする「One-Hand Operation」機能も搭載されている。これは、利用者がよく使うアイコンなどを、スクリーンのどちらかに寄せて表示する機能だ。

大画面を活かす、「Multi Window」機能も搭載。例えば Word 文書を、横に2つ並べて表示することも可能だ。

10月10日に発売されるのは、ブラウンモデルのみ。その他のカラ―も、近日中に発売されるそうだ。