モバイルブロードバンドサービスの UQ コミュニケーションズは、11月12日から「WiMAX 2+」ユーザーを対象に、KDDI および沖縄セルラーの「au スマートバリュー mine」への対応を開始する。

同時に UQ は、「au スマートバリュー mine」に対応した料金プラン、「UQ Flat ツープラス au スマホ割(2年)」と「UQ Flat ツープラス au  スマホ割(4年)」を提供する。

「au スマートバリュー mine」は、Wi-Fi ルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」と au スマートフォンを契約すると、au スマートフォンの毎月の利用料金を最大980円(税込)割り引くサービス。また、「au スマートバリュー mine」の適用中は、超高速モバイルブロードバンドサービス WiMAX 2+ が使い放題となる。

さらに「UQ Flat ツープラス au スマホ割(4年)」プランでは、「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を最大4年間月額3,880円(税込)で利用できる。