米国 Microsoft は9月23日、Surface 2 と Surface Pro 2 を発表した。2つの新デバイスは、外観は以前のデバイスとほぼ同じだが、OS が新しくなっている他、動作速度、バッテリー駆動時間、カメラの解像度などが向上されている。

Windows RT 8.1 が稼働する Surface 2 の価格は449ドルからで、Widows 8.1 が稼働する Surface Pro 2 の価格は899ドルから。両デバイスとも米国では既に予約を受け付けており、販売開始は10月22日からとなっている。

Microsft、新型タブレット Surface 2 と Surface Pro 2 を発表 ― 注目すべき9つのポイント
Microsoft の新型タブレット Surface 2

Microsoft はこの新たな Surface で、巻き返しを図ることができるだろうか?J. Gold Associates の主任アナリスト Jack E. Gold 氏の予測は悲観的だ。同氏は9月23日のリサーチノートで次のように述べている。

「アップグレードされたハードウェア(主にチップとカメラ)と、幾分安くなった価格を除けば、人々が新型 Surface を選択する動機となるものは見当たらない。新型 Surface は iPad よりも安い。だが、それが購入の動機となりうるだろうか?」

Gold 氏の予測は当たるだろうか?結果は、ホリデーショッピングシーズンに判明するだろう。だがその前に、Surface 2 と Surface Pro 2 で注目すべき9つのポイントを確認しておこう。

1. 改良されたキックスタンド

初期型 Surface に取り付けられていた「キックスタンド」は、Surface をテーブルや机の上でノート PC のように利用する際に便利なものだった。だが Microsoft は利用者が Surface を膝上で利用することが多いと気付き、このスタンドを改良。従来のポジションに加えて、約50度のポジションでも固定できるようにした。

改良されたキックスタンド
改良されたキックスタンド

2. 向上したスペック

キックスタンドは、Surface の iPad に対するアドバンテージの1つ。だが Surface のアドバンテージはこれだけではない。Surface 2 と Surface Pro 2 には、フルサイズの USB 3.0 ポートが装備されている。これによりファイル転送速度は、USB 2.0 ポートが装備された従来の Surface より高速になった。microSD スロットが搭載されており、動画や音楽などの大容量ファイルの持ち運びも容易だ。背面カメラの解像度は5メガピクセルで、前面カメラは3.5メガピクセル。どちらも、低照度性能が改善されているという。

3. ノート PC の代替製品としての Surface Pro 2

Surface Pro 2 には、第4世代 Intel Core i5 チップが搭載されており、Microsoft はこれを「ノート PC の代替製品」として十分に利用可能だと謳っている。バッテリー駆動時間は従来の Surface Pro 比で75%向上した。

Surface 2 にはクアッドコアの Nvidia Tegra 4 チップが搭載されおり、バッテリー駆動時間は最大で10時間となっている。

4. より実用的になった Type Cover 2

初代の Surface で人気の高かったアクセサリーに、付属の Touch Cover より打鍵感があり、入力し易い Type Cover があった。

Microsoft はこの Type Cover も進化させた。Type Cover 2 は、見かけはオリジナルの Type Cover と同じだが、LED バックライトが内蔵されている。カラ―バリエーションは、シアン、マゼンタ、パープル、ブラックの4色展開。価格は129.99ドルの予定。

Type Cover 2 カラーバリエーション
Type Cover 2 カラーバリエーション

5. DJ 気分を味わえる「Surface Music Kit」

Microsoft は Surface でエンタープライズ分野だけでなく、エンターテインメント分野も狙う。同社は、Surface のアクセサリーとして、タッチベースの「Surface Music Kit」も公開した。Microsoft は、このキットを利用すれば、リミックスを簡単に行え、そのサウンドクオリティは利用者やその友だちを驚かすものになると説明している。

DJ 気分を味わえる「Surface Music Kit」
DJ 気分を味わえる「Surface Music Kit」

6. Surface 版 Arc touch mouse(アーク タッチ マウス)

Microsoft は、エルゴノミクスデザインの Arc touch mouse(アーク タッチ マウス) Surface 版も発表した。このデザインは、使用も保管も容易だという。Arc touch mouse は、BlueTrack テクノロジーで Surface タブレットと接続される。

Arc touch mouse(アーク タッチ マウス)
Arc touch mouse(アーク タッチ マウス)

7. キーボードカバー用のワイヤレスアダプタ

Surface 本体とキーボードを切り離して使いたいとき、または Surface の画面を HDTV に出力し、キーボードをリモコンのように使いたいとき、「Wireless Adapter for Typing Covers」が便利だ。これは、Surface とキーボードカバーを Bluetooth 経由で接続するアクセサリー。価格は59.99ドル。

Wireless Adapter for Typing Covers
Wireless Adapter for Typing Covers

8. Surface Pro 向けドッキングステーション

このドッキングステーションに Surface Pro または Surface Pro 2 を取りつければ、フルサイズキーボード、プリンター、その他周辺機器との接続が容易になる。搭載されたコネクタは、USB 3.0x1、USB 2.0x3、100BASE-TX対応の有線 LAN 端子、DisplayPort 出力端子などだ。Surface Pro 2 を業務で利用する場合には、このドッキングステーションは有用かもしれない。

イメージ
Surface Pro 用ドッキングステーション「Docking Station for Surface Pro」

9. Surface Pen

Surface Pro 2 は、Surface Pen が利用可能な最初の Surface。Surface Pen は、1,024段階の筆圧に対応している。

Surface Pro 2 と Surface Pen
Surface Pro 2 と Surface Pen