ビクセンは、彗星の位置を確認できるスマートフォン向けアプリケーション「Comet Book(コメットブック)」Android 版の最新バージョン(1.1)を公開。夜間観測に適した「ナイトビジョンモード」などの新機能を追加した。

Comet Book は、登録されている彗星が見頃になる時期の星図を表示するアプリケーション。現在は、2013年11月末に太陽に最接近する「アイソン彗星」の観測位置を確認することができる。

ビクセン、彗星観測アプリ「Comet Book」に“夜間観測用”の新機能など追加
アイソン彗星の位置表示 (2013年12月6日の6時に設定 / Android 版)

最新バージョンでは、星図画面を夜間観測用に刺激の少ないアンバー表示モードに切り替えるナイトビジョンモードや、Comet Book が認識している現在位置の表示機能が追加された。

新機能「ナイトビジョンモード」 (Android 版)
新機能「ナイトビジョンモード」 (Android 版)

また、ヘルプやサポートページが設定画面にまとめられ、アプリケーション起動時には、彗星の新しい軌道要素がインターネットを通じてアップデートされるという。

最新バージョンの Comet Book は、Google Play で無償ダウンロード提供中。なお、iOS 版のバージョン1.1についても近日リリース予定とのこと。