ネオマーケティングは、米国 Apple が新型スマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」を発表し、国内主要3キャリアが9月20日に発売することを受け、iPhone 5s/iPhone 5c に対する購入意向などを調査した。それによると、「購入したい」「やや購入したい」という回答の合計は46.0%あった。購入するキャリアについては、購入希望者の約半数が NTT ドコモを選んだ。

新型 iPhone に対する購入意向を尋ねたところ、「購入したい」人は13.4%、「やや購入したい」人は32.6%おり、46.0%が購入を考えていた。そして、購入希望者のうち73.7%が上位モデルの iPhone 5s、26.3%が廉価版でカラフルなボディ カラーが特徴の iPhone 5c を希望した。

「iPhone 5s/5c」購入を46.0%が希望、その約半数がドコモを選択、MNP 流入プラスは KDDI のみ
新型 iPhone 購入意向

さらに、単純にどのキャリアから iPhone を購入するかという質問に対しては、以下の結果が得られた。

【iPhone 5s】
・NTT ドコモ:50.0%
・KDDI(au):26.8%
・ソフトバンクモバイル:23.2%

【iPhone 5c】
・NTT ドコモ:47.1%
・KDDI(au):30.6%
・ソフトバンクモバイル:22.3%

購入希望キャリア(左:iPhone 5s、右:iPhone 5c)
購入希望キャリア(左:iPhone 5s、右:iPhone 5c)

また、どのような方法で購入するかについては、全体的に機種変更で購入する考えの人が多く、ドコモ利用者は特に多い71.3%が機種変更を選んだ。

希望している購入方法
希望している購入方法

MNP で利用キャリア変更を検討している人(購入希望者の7.4%)に対し、具体的に移動元と移動先のキャリアを質問した。流出と流入を合わせた結果は、ドコモが12人減、KDDI が21人増、ソフトバンクが9人減となり、KDDI の人気の高さが示された。

MNP 流出入マップ
MNP 流出入マップ

調査は、3キャリアが iPhone 5c の予約を開始し、キャンペーン施策を発表した9月13日から9月17日にかけて実施した。調査対象者は、15歳以上の男女で、各キャリア1,500人ずつ合計4,500人。