マクロミルは、米国 Apple新型スマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」を発表し、国内主要3キャリアが9月20日に発売することを受け、iPhone 5s/iPhone 5c に対する購入意向などを調査した。それによると、調査対象者のうち購入したいと考えている人の割合は、iPhone 5s が24.4%、iPhone 5c が13.3%だった。利用キャリア別にみると、全体的に NTT ドコモ契約者の iPhone 購入意向が高かった。

新型 iPhone 購入意向は iPhone 5s が24.4%、iPhone 5c が13.3%、やはりドコモ利用者に人気
iPhone 5s に対する購入意向

iPhone を購入したいと考える人の内訳は、iPhone 5s の場合「予約する」が1.9%、「予約しないがすぐ購入する」が2.2%、「いずれ購入するつもり」が20.3%。ただし、現時点で国内3キャリアは iPhone 5s の購入予約を受け付けない予定。一方 iPhone 5c に対する購入意向は「予約する」が0.6%、「予約しないがすぐ購入する」が0.7%、「いずれ購入するつもり」が12.0%で、iPhone 5s に比べやや低調。

iPhone 5c に対する購入意向
iPhone 5c に対する購入意向

購入するとしたらどの色を選ぶか全員に尋ねたところ、以下に示す順番で人気が高かった。

【iPhone 5s】
・1位:シルバー(43.0%)
・2位:ゴールド(29.4%)
・3位:スペースグレイ(27.6%)

【iPhone 5c】
・1位:「ホワイト」(41.3%)
・2位:「ブルー」(20.2%)
・3位:「ピンク」(16.6%)
・4位:「グリーン」(14.2%)
・5位:「イエロー」(7.7%)

ボディ カラー別の人気度
ボディ カラー別の人気度

また、日本ではこれまで iPhone を取り扱ってきたソフトバンクモバイルKDDI に加え、NTT ドコモも iPhone の販売を始める。キャリア別に新型 iPhone の購入意向をみると、以下のように NTT ドコモ利用者が高くなった。

【iPhone 5s】
・NTT ドコモ:26.8%
・KDDI:19.2%
・ソフトバンクモバイル:27.9%

【iPhone 5c】
・NTT ドコモ:16.6%
・KDDI:10.2%
・ソフトバンクモバイル:11.8%

続いて、Android スマートフォンのユーザーに iPhone でなく Android 端末を使っている理由を尋ねてみた。最も多い回答は、「iPhone にはない機能(ワンセグ、おサイフ、赤外線通信、防水など)」の41%。これに「契約している携帯電話会社にiPhoneがなかった」(38%)、「画面の大きさ」(28%)が続く。2番目に多い理由となった「契約している携帯電話会社にiPhoneがなかった」を選んだ人は当然ながら NTT ドコモ利用者が57.7%と圧倒的に多く、NTT ドコモ利用者のなかでは群を抜いて多い理由として挙げられた。

Android スマートフォンを使う理由
Android スマートフォンを使う理由

調査は、15歳から69歳の消費者2,000人を対象として、9月11日19時から21時に実施した。