米国 Apple による9月10日のイベントでは、新型 iPhone のハードウェアのスペックやパフォーマンスばかりが強調されることとなった。あっと驚く新機能が発表の中心となる Apple にとって、これは珍しいことだ。

Apple はスペック戦争を嫌う。そうではなく、他社に真似のできない、クールな新機能で勝負することを好む。だが今回はスペックでの勝負となった。おそらく、Apple には他に選択肢がなかったのだろう。

大きな期待をかけられた iPhone 5c と iPhone 5s は、しかし、大きな進歩を示すことはできなかった。ハイエンドモデルの iPhone 5s は、現行モデルと同じディスプレイ、同じアプリ、同じ容量のメモリを搭載している。進化した部分もあるが、それはすべての利用者に恩恵を与えるものとは言えない。

iPhone 5s、5c は、「Apple マジック」を復活させることはなかった
ハイエンドモデル iPhone 5s

iPhone 5 製品ラインにおけるビッグニュースは、オリジナルの iPhone 5 の販売が打ち切りになったことだろう。これまで Apple は、新モデルの iPhone の発売後は、前モデルをローエンドモデルとして低価格で販売するという戦略を取ってきた。だが今回は iPhone 5 ではなく、iPhone 4S の製造が継続され、ローエンドモデルとして販売される。iPhone 5c が中間価格の選択肢となり、iPhone 5s がフラグシップモデルの座を iPhone 5 から引き継ぐ。

廉価版モデル iPhone 5c
廉価版モデル iPhone 5c

では、これまでのモデルに無い、新型 iPhone の良さとはなんだろうか? 5s には高速な64ビットプロセッサが搭載されている。カラ―バリエーションにはゴールドが追加された。カメラは iPhone 5 と同じ8メガピクセルだが、レンズやソフトウェアが新しくなり、全体としてカメラ機能は向上している。ビジネスユーザーにとって最大のニュースは、5s に指紋認証センサーが搭載されたことだろう。

指紋認証システムに関して良いニュースは、指紋データが iCloud に保存されない点だ。悪いニュースは、指紋リーダーを利用できるのが iOS 7 に限られる点にある。アプリからはこの機能にアクセスできない可能性があるのだ。Touch ID ソフトウェアは、アプリでも機能するインターフェイスを持てそうに見えるが、Apple はこれについて言及していない。そうではなく、Apple は指紋認証センサーにアクセスできるのは Touch ID のみであること、そして Touch ID と通信できるのは iOS だけであることを強調している。

iPhone 5c は指紋認証センサーを持たないが、代わりに5色のカラ―バリエーションを提供している。Apple は 5c の本体カラ―とマッチするケースだけでなく、異なるカラ―とのコントラストを楽しめる穴空きタイプの純正ケースも用意している。また 5c のフレームは鉄製であり、アンテナ感度を高めている。これは、アンテナゲート問題に悩まされた初期 iPhone ユーザーには朗報となるだろう。

iiPhone 5c 向け純正ケース(穴空きタイプ)
iPhone 5c 向け純正ケース(穴空きタイプ)

だがこのイベントの間、Apple の株価は下降を続けていた。廉価版の 5c も、投資家の投資意欲をかき立てるものにはならなかったようだ。iPhone 5c の価格は 5s よりも100ドル低いだけで、競合相手と比べると、それほど安いものではなかった。

今回のイベントでは、Apple がスマートフォン市場に再び火をつけるようなものは、何も発表されなかった。最大の機能向上である64ビットプロセッサは、電話をかけ、テキストでメッセージを送り、ちょとした仕事をしたいというユーザーには、ほとんど意味のないものだ。5s のカメラは確かに優れている。だが、Nokia Lumia 1020 ほどではない。

イメージ
Nokia Lumia 1020
41メガピクセルカメラを搭載している

そして何より重要で驚きなのは、Apple の iPhone 5s に、いまだに4インチサイズのスクリーンが搭載されているという事実だ。4インチは、拡大を続けるスマートフォンの利用目的の多くで、小さ過ぎるものとなりつつある。競合するスマートフォンが大画面に移行していく中、Apple は過去に固執した。そして過去は、市場シェアや高い評判の獲得でプラスにはならない。

もちろん、クールだからという理由で iPhone 5s を購入する人は多いだろう。100ドル安いという理由で 5c で十分と考える人もいるに違いない。Apple はこれらの人々に対し、多くの iPhone を販売できる。だが、Android スマートフォンユーザーや Windows Phone ユーザーが乗り換えるほどの理由は、新型 iPhone にはない。これが、iPhone がスマートフォンの王座に返り咲くことがないと考える理由だ。

Apple に忠実なファンは、9月20日の新型 iPhone の登場とともに、喜んで財布の紐を緩めるはずだ。だが、忠実なファンに売れただけでは、市場シェアを取り戻すことはできない。ウォール街はこの事実に気付いており、5c と 5s の発表後、Apple の株価はさらに下落した。

私は Apple の発表の内容をリーク情報で知った時点でがっかりしていた。Apple には、同じことを繰り返すのではなく、革新的な何かをする企業であってほしいと常に願っていたからだ。残念なことに、今回の発表はそのようなものではなかった。