韓国 Samsung Electronics は、10.1インチ画面の新型 Android タブレット「GALAXY Note 10.1(2014 Edition)」を発表した。表示解像度は2560×1600ピクセル(WQXGA)あり、従来品に比べ表示密度が高まった。無線 LAN(Wi-Fi)版、3G/Wi-Fi 版、LTE/Wi-Fi 版の3モデルを用意する。世界各地で2013年第3四半期より販売する予定。

Samsung、新型10.1型タブレット「GALAXY Note 10.1」2014年版は WQXGA 表示
GALAXY Note 10.1(2014 Edition)

画面の表示密度が高くなり、これまでより表示が鮮明になる。画面を分割するマルチ ウィンドウ表示も行いやすい。また、新型スマートフォン「GALAXY Note 3」と同様に、入力/操作用ペン「S Pen」に関する機能を強化したという。

画面は10.1インチ(2,560×1,600ピクセル表示)LED で、800万画素の背面(メイン)カメラと200万画素の正面(サブ)カメラを搭載する。RAM サイズは 3GB、ストレージ用メモリ サイズは 16GB、32GB、64GB のいずれか。バッテリ容量は 8,220mAh。プロセッサは、LTE/Wi-Fi 版が動作周波数 2.3GHz のクアッド(4)コア品、Wi-Fi 版と 3G/Wi-Fi 版が動作周波数 1.9GHz のオクタ(8)コア品。Android OS のバージョンは4.3。

サイズは243.1×171.4× 7.9mm、重さは 535g(Wi-Fi 版)。ボディ カラーは「Jet Black」「Classic White」の2色。

GALAXY Note 10.1(2014 Edition)の主な仕様
GALAXY Note 10.1(2014 Edition)の主な仕様