ソフトバンクモバイルは、スマートフォン「iPhone 5」と組み合わせて衛星電話サービスを利用できるケース型の衛星電話端末「SoftBank 202TH」(アラブ首長国連邦 Thuraya Telecommunications 製)を発表した。9月10日より販売する。

ソフトバンク、iPhone 5 を衛星電話にするケース型端末「202TH」を9月10日発売
SoftBank 202TH を装着した iPhone 5
(出典:ソフトバンクモバイル)

202TH は、ユーザーの iPhone 5 をはめ込むと、iPhone 5 を衛星電話として使うことのできるケースの形をしたハードウェア。iPhone 5 との接続は Bluetooth を介して行い、衛星電話機能は無償提供中の iOS アプリケーション「SatSleeve」で実現する。iPhone 5 の電話帳を使って音声通話/SMS が発信/送信できるほか、データ通信サービスも利用できる。

SoftBank 202TH の使用手順
SoftBank 202TH の使用手順
(出典:ソフトバンクモバイル)

バッテリ駆動時間は、連続通話時間が約3時間、連続待受時間が約36時間。

おおよそのサイズは幅69×高さ142×厚さ 31mm、重さは約 227g。ボディ カラーは「ブラック」の1色。

左:クレードル、右:端末本体 (出典:ソフトバンクモバイル)
左:クレードル、右:端末本体
(出典:ソフトバンクモバイル)