KGI 証券のアナリスト Ming-Chi Kuo 氏は8月15日、投資家に向けてレポートを提出。iPhone 5S のボディーカラーには「ゴールド」オプションが追加される見込みだと報告した。Apple Insider が伝えている。

Kuo 氏のレポートによれば、iPhone 5S は画面サイズが4インチであることなどを含め、多くの機能を現行の iPhone 5 から引き継いだものになるという。

iPhone 5 と異なる点として Kuo 氏は、iPhone 5S には A7 システムチップが搭載され、iPhone 5 よりも20%高速化が実現されていることをあげている。また、128GB のストレージを搭載したモデルも用意される見込みだという。

Kuo 氏による今回のレポートの最大の目玉は、iPhone 5S のボディーカラー。従来のカラーバリエーションに、ゴールドが追加される見込みだとしている。Apple は初代 iPhone から iPhone 3GS まで、ボディカラーとしてブラックのみを提供していた。だが、iPhone 4 から新たなカラ―バリエーションとしてホワイトを追加している。

Kuo 氏のレポートでは、カメラに関する言及も興味深い。ここ最近のうわさの多くは、Apple は iPhone 5S に12メガピクセルのカメラを搭載するとしていた。だが、Kuo 氏は、iPhone 5S には iPhone 5 同様、8メガピクセルの解像度のカメラが搭載される見込みだとレポートしている。

Apple 製品の修理およびパーツを販売するフランスの MacBoutic は8月16日、iPhone 5S のものとされる画像を公開した。そのボディカラーはゴールドであり、Kuo 氏のレポートを裏付けるものとなった。 

iPhone 5S のボディカラーには「ゴールド」が追加される?
iPhone 5S の背面パネルとされる画像(出典:MacBoutic )

iPhone 5S 上部とされる画像(出典:MacBoutic )
iPhone 5S 上部とされる画像(出典:MacBoutic )

iPhone 5S の底面部分とされる画像(出典:MacBoutic )
iPhone 5S の底面部分とされる画像(出典:MacBoutic )

iPhone 5S は、9月10日に発表されると言われている。