NTT ドコモは、「2013夏モデル」のシニア向け新型スマートフォン「らくらくスマートフォン 2 F-08E」(富士通製)について、購入予約受付を全国のドコモショップで8月9日に開始した。「ドコモオンラインショップ」および「ドコモマイショップ」会員向けには同日正午より Web サイトで受け付けている。また「DCMX GOLD」会員限定サービスとして、同日1日のみ台数限定で予約受付する。発売日は8月16日の予定。予約受付は発売日の前日まで行う。また、F-08E 発売に合わせ専用の LTE 通信サービス「Xi」パケット定額サービス(月額2,980円)「Xi らくらくパケ・ホーダイ」を提供開始する。

ドコモ、シニア向け「らくらくスマートフォン 2 F-08E」の予約受付を開始、発売は8月16日の予定
らくらくスマートフォン 2 F-08E

らくらくスマートフォン 2 F-08E のキャッチ コピーは「らくらくタッチでスマートフォンも簡単に。見やすい大画面で楽しさ広がる」。シニア向けスマートフォン シリーズ「らくらくスマートフォン」の第2世代モデルで、初めて Xi 対応となる。第1世代の「らくらくスマートフォン F-12D」同様、Android 端末としては異色の Google アカウント設定不要という割り切った仕様を採用。Google アカウントの取得/設定を行うことなく、購入後すぐにメールなどを使用できるようにするなど、使いやすさを優先させた。ただし、9月下旬から10月上中に発売する予定の次世代モデル「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」は、Google Play 対応となる。

ボディは丸みを帯びた形状で、F-12D より大きな画面だが持ちやすいという。さらに、大きな文字のメニュー画面ボタンのように押した感触がある「らくらくタッチパネル」、ワンタッチ ダイヤル機能、ポータルサイト「dメニュー」の文字が大きくシンプルな専用バージョンなどにより、初めてスマートフォンを使う人でも安心だとしている。

画面は約4.3インチ(540×960ピクセル表示)で、有効画素数が約810万画素のメイン カメラ、同130万画素のサブ カメラを搭載する。IPX5/IPX8 相当の防水性、IP5X 相当の防塵性を備える。RAM 容量は 2GB、ストレージ用メモリー容量は 8GB。バッテリ容量は 2,100mAh。プロセッサは、動作周波数 1.7GHz のクアッド コア品。Android OS のバージョンは4.2。

Xi(下り最大 100Mbps/上り最大 37.5Mbps)に対応。FOMA ハイスピード利用時の最大データ通信速度は下り 14Mbps、上り 5.7Mbps。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac)/Bluetooth(Ver.4.0)による無線データ通信が可能。テザリングは行えない。おサイフケータイ(FeliCa 搭載)/かざしてリンク/赤外線通信/ワンセグに対応している。NOTTV/おくだけ充電には非対応。

おおよそのサイズは高さ130×幅64×厚さ 9.9mm、重さは約 138g。ボディ カラーは「ゴールド」「ブラック」「ピンク」の3色。

カラー バリエーション
カラー バリエーション

らくらくスマートフォン 2 F-08E の主な対応サービス/機能
らくらくスマートフォン 2 F-08E の主な対応サービス/機能
(出典:NTT ドコモ)