Google は、Ipsos MediaCT と実施したスマートフォンの利用に関する大規模調査「Our Mobile Planet」の2013年版データを公開した。2011年から開始されたこの調査は、今回で3回目となる。対象国は26か国から48か国に拡大し、東南アジアや東ヨーロッパなどと先進国の比較も可能になった。

日本では、スマートフォンの普及率は他国と比べて高くないものの、利用は非常に活発という実態が浮かび上がった。

日本のスマートフォン普及率は、6%だった2011年から25%にまで拡大したが、もっともスマートフォン普及率が高かった韓国の73%やシンガポールの72%と比べると、依然として従来型の携帯電話が主流という結果になった。

Google がスマートフォン大規模調査を実施、日本は普及率低いが利用は活発
スマートフォン普及率の推移

一方で、テレビ視聴時の同時利用率は58%と、他のスマートフォン先進国である米国(53%)、シンガポール(42%)、韓国(47%)より高い。また、ショッピング中のスマートフォン利用も多かった。他国が2割台にとどまる中で、日本では32%が、品定めをするときにスマートフォンを使ったことがあると回答した。

テレビとのメディア同時使用率(左)と買い物時のスマートフォンの利用率
テレビとのメディア同時使用率(左)と買い物時のスマートフォン利用率

さらに、有料アプリインストール数も世界でもっとも多かった。対象国唯一の2桁台に達し、1人当たり平均11.5個だった。日本に続くのが香港9.8個、オーストラリア7.5個と、上位をアジア太平洋地域が占めた。

スマートフォン上のアプリに占める有料アプリの比率
スマートフォン上のアプリに占める有料アプリの比率