米国 Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は、Google が7月24日(米国時間)に発表した「Android 4.3」(Jelly Bean)が、「Bluetooth Smart Ready」にネイティブで対応した、と発表した。

同時に Google 発表されたタブレット端末新型モデル「Nexus 7」は、「Nexus 4」とともに最初の Android 4.3 対応モデルとなる。

Android 4.3 では、デュアルモードの Bluetooth チップを搭載した Android 搭載スマートフォン/タブレットが「Bluetooth Smart Ready」対応となり、「Bluetooth Smart」機器と接続できるようになる。

Bluetooth Smart Ready 対応 となることで、Android 4.3 は、Bluetooth Smart デバイス開発者に、Android で稼働するアプリケーションへのデバイス接続が簡単になるメリットをもたらし、Android API 経由で、フィットネスモニターや医療機器などの Bluetooth Smart“アプセサリ”からデータを収集し、Bluetooth Smart Ready 製品で稼働するアプリケーションに転送できるようになる。

“アプセサリ”は、スマートデバイス向けのアプリケーションやサービスと連携したアクセサリ機器を指している。