Apple 製品のプロモーションビデオなどを広島弁で吹き替えた動画シリーズ「広島弁吹き替えシリーズ」に7月23日、「i どーもくん」の PV「This is iDomo-kun!」を広島弁で吹き替えた「i どーもくんの説明するけぇ、よう聞きんさい」が登場した。

広島弁吹き替え版 PV「iどーもくんの説明するけぇ、よう聞きんさい」
広島弁吹き替え版 PV「iどーもくんの説明するけぇ、よう聞きんさい」

「This is iDomo-kun!」は、今年4月に発売された iPhone 対応スマートぬいぐるみ「i どーもくん」のプロモーションビデオ。どういうわけか英語で製作されており、Apple 社風の作り込みが話題となっていた。

「i どーもくん」の PV「This is iDomo-kun!」は、なぜか英語音声、日本語字幕だった
「i どーもくん」の PV「This is iDomo-kun!」は、なぜか英語音声、日本語字幕だった

「i どーもくんの説明するけぇ、よう聞きんさい」は、広島弁吹き替えシリーズの第13弾となるもの。過去に公開されてきた動画とは異なり、NHK エンタープライズからの依頼によって実現した NHK 公式動画となっている。

吹き替え内容は、今回も素晴らしいものだ。例えば、iどーもくんが iPhone ケースとして利用可能ということを、標準語字幕では次のように表現している。

「そしてもうひとつ。i どーもくんは iPhone ケースにもなります。信じられないほど、巨大なケースにね」

これが、広島弁吹き替え版では次のように、(広島県民にとっては)一聴してすぐに理解できる、わかりやすい表現に変換されているのだ。

「ああ、ほいでの、もういっこんあるんよ、 iどーもくんはのう、iPhone ケースにもなるんよ。 ほうよ、こりゃたまげたのう〜!いうぐらい、えらいでかいケースにの」

iどーもくんはのう、iPhoneケースにもなるんよ
i どーもくんはのう、iPhone ケースにもなるんよ
えらいでかいケースにの

NHK ニュースを含む NHK の番組は、海外からの留学生や地方からの上京者など、日本の「標準語」を習得したい人たちの教科書的な存在となっている。その NHK の公式動画になったことで、「広島弁吹き替えシリーズ」は、世界中の広島弁学習者のテキストとなったと言えるだろう。

「iどーもくんの説明するけぇ、よう聞きんさい」は、 NHK の公式動画
「広島弁吹き替えシリーズ」は NHK の公式動画となったことで、
世界の広島弁学習者のテキストに!

動画は、以下から参照できる。ぶち面白いけぇ、はぁ見てみんさい。

i どーもくんの説明するけぇ、よう聞きんさい