NTT ドコモNTT ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)東京メトロ(東京地下鉄)の3社は、東京メトロ表参道駅の商業施設「Echika 表参道」で、現在策定作業中の次世代無線 LAN 規格「IEEE802.11ac(11ac)」を利用した公衆無線 LAN 環境のトライアルサービスを提供する。実施期間は8月下旬から2014年3月末まで。

トライアル期間中は、無線 LAN 規格「11ac」に対応したアクセスポイントを、同施設内の「MARCHÉ DE METRO(フードコート広場)」や「ESPACE APPÉTIT(食のトレンドゾーン)」付近など計3か所に設置。スマートフォン/タブレットでは最大通信速度433Mbps、PC などでは最大通信速度1.3Gbpsの高速データ通信が可能となり、高品質・大容量のコンテンツを快適に利用できるようになるという。

 
NTT ドコモなど、無線 LAN 規格「IEEE802.11ac」のトライアルを「Echika 表参道」で実施
「Echika 表参道」内のアクセスポイント

トライアルは、ドコモの公衆無線 LAN サービス「docomo Wi-Fi」に契約中の「11ac」対応スマートフォン、タブレット、その他の対応機器(PC 等)で利用できる。また、東京メトロと NTTBP が東京メトロの駅構内で実証実験を行っている情報配信サービス「MANTA(Metro Amusement Network Trinity App)」の専用アプリを、同規格対応のスマートフォンにインストールすることでも体験可能とのこと。

3社は、トライアル環境におけるエリアやスループットの測定など、今後のサービス展開に向けて様々な検証を実施していくとしている。