ドイツのクラウドデスクトップソリューションの Cortado は、「Cortado Corporate Server 6.5」を発表、販売を開始した。

Cortado Corporate Server は、モバイルデバイス管理とクラウドデスクトップを融合させ、iPad や iPhone、Android、BlackBerry などのモバイル機器から PC や Mac を社内 IT とシームレスに統合、管理するソフトウェア。

最新バージョンの 6.5 では、MDM(Mobile Device Mmanagement:モバイルデバイス管理)と MAM(Mobile Application Nanagement:モバイルアプリ管理)をファイルアクセスおよびファイル共有と一体化させ、Active Directory ベースの MDM ソリューションとなった。これにより、ユーザーとデバイスをシームレスでダイナミックに管理できるようになった。

その他の機能としては、Windows PowerShell での完全な管理、一定方向の同期化、仮想 Windows アプリケーションの配布、アプリケーションのブラックリスト、コンプライアンスの自動実行などがある。

Cortado Corporate Server 紹介ビデオ