携帯電話各社は、2013年6月期の携帯電話・PHS 契約数を発表した。

各社への電話取材によると、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)による純増数(転入数から転出数を引いた数)では、KDDI(au)が8万5,300件の転入超過となり、21か月首位をキープ。2位のソフトバンクモバイルは5万9,900件の転入超過で、NTTドコモは−14万6,900件の転出超過という結果になった。

各社の MNP 純増数(2013年6月)
各社の MNP 純増数(2013年6月)

なお、契約純増数ではソフトバンクモバイルが24万8,100件で18か月連続首位に。2位は23万2,200件で KDDI(au)。3位の NTTドコモは、−5,900件でわずかながら純減に転落した。各社の総契約数は、NTTドコモが6,162万3,200件、KDDI(au)が3,837万8,100件、ソフトバンクモバイルが3,329万件。

各社の契約純増数(2013年6月)
各社の契約純増数(2013年6月)