カカオジャパンは、スマートフォン向け無料通話・メールアプリケーション「カカオトーク」の世界ユーザー数が7月1日時点で1億人を突破したと発表した。

「カカオトーク」ユーザー数世界1億人を突破
「カカオトーク」ユーザー数1億人突破

カカオトークは、国内・国外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話・チャットができるアプリ。1対1の通話のほか、5人まで参加できるグループ通話も利用できる。また、カカオトークと連携したゲームプラットフォーム「カカオゲーム」、トークルームから外部サービスに連携できる「トーク Plus」などのサービス/機能も提供。Android、iPhone、BlackBerry、Windows Phone など各種スマートフォンに対応しており、2010年3月に韓国でサービスを開始して以来、現時点で全世界230か国(13言語)で展開している。

「カカオトーク」利用画面イメージ
「カカオトーク」利用画面イメージ

ちなみに同アプリでは、展開する地域に合わせてローカライズされたサービスも提供。例えば日本では「くじ」を利用したキャンペーンを行う「カカオくじ」がユーザーの好評を得ているという。

同社は今後もグローバル展開を拡大しつつ、幅広いユーザー層に新機能や新サービスを提供していくとしている。