アイ・オー・データ機器は、無線 LAN(Wi-Fi)経由で画面データを伝送する規格「Miracast」に対応し、スマートフォンやタブレットの画面を HDMI 接続したテレビに表示できる機器「ミラプレ(WFD-HDMI)」を発表した。Miracast に対応していない iPhone などの iOS デバイスやその他 Android デバイスでも、写真や動画に限ってテレビ表示するモードも備える。発売時期は7月上旬。税別メーカー希望小売価格は9,500円。

アイ・オー、Miracast 対応スマホの画面を Wi-Fi 経由でテレビに映す「ミラプレ」
ミラプレ

ミラプレは、スマートフォン/タブレットの画面情報や写真/動画コンテンツをWi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)経由で受信し、HDMI 接続したテレビに表示できるアダプタ。YouTube の動画や Web サイトを大きな画面のテレビで見られるようになるため、家族や友人など大人数で楽しめる。

テレビの大画面で楽しめる
テレビの大画面で楽しめる

Miracast 対応スマートフォン/タブレットで利用する場合は、「Miracast モード」を使う。同モードでは、特別な設定やアプリケーション導入を行うことなく、スマートフォン/タブレットの画面をそのままテレビに表示するミラーリングが実行可能。音楽などの再生音も、テレビのスピーカから出力できる。

Miracast に対応していない iOS デバイスは、「iOS モード」を使う。同モードでは、iPhone や iPad 内の写真/動画と YouTube 動画をテレビに映し出せる。

また、Miracast 非対応の Android デバイス用に「MediaPlayer モード」を搭載。DLNA 対応アプリケーションを使うことで、写真や動画をテレビの画面に表示できる。

動作確認済みスマートフォンは、アイ・オーの Web ページで確認可能。

さまざまなデバイスに対応
さまざまなデバイスに対応

ミラプレのおおよそのサイズは幅95×奥行き70×高さ 27mm、重さは約 94g。