日本エイサーは、盛り上がりを見せるミニタブ市場に、Windows 8 を搭載した8.1インチ片手サイズミニタブレット(ミニタブ)「Iconia W3-810」を投入、6月26日に予約販売を開始する。

価格は6万円前後で、Office も搭載、発売は夏を予定している。 スペックの詳細は6月26日に明らかになる。

バッテリ駆動は約8時間で、ビジネスで使用した後も充電なしで Web ブラウザの閲覧や動画視聴ができる。また、一画面に、サイトとファイルなどを同時に表示するマルチウィンドウに対応。個別のアカウントを設定すれば、複数人で使用できるとのことだ。さらに、前後2つのカメラも搭載。フル HD での動画撮影もできる。センサー対応のゲームや指5本でのタッチ操作も可能。

日本エイサー、片手サイズの Windows 8 ミニタブ「Iconia W3-810」を発表
「Iconia W3-810」