Microsoft が iPhone 向けアプリ「Office Mobile for Office 365 subscribers」をリリース ― サブスクリプション版 Office 365 利用者が利用可能
米国 Microsoft は6月14日、Apple iOS 向けの Office モバイルアプリ「Office Mobile for Office 365 subscribers」をリリースした。iTunes App Store からダウンロード可能だが、iOS 上で Office 体験が可能になったのは、iPhone ユーザーのみ。また、サブスクリプション版の Office 365 アカウント所有者のみだ。Microsoft Office 部門 GM である Julia White 氏は、公式 Blog への投稿で次のように述べている。

「Microsoft は本日、iPhone 向けアプリ『Office Mobile for Office 365 subscribers』の Apple App Store での提供を開始した。Office 365 Home Premium および Office 365 ProPlus の利用者であれば、アプリは無料で利用できる」

今回公開されたアプリでは、利用者は Microsoft Word、Excel、PowerPoint ファイルの表示、編集、保存が可能となる。White 氏は、次のように述べている。

「Office Mobile は、Microsoft の公式アプリ。このため、アプリから Office 文書の表示、編集、コメントの追加を行っても、文書のフォーマットやレイアウトが崩れることはない」

Office Mobile アプリ画面
Office Mobile アプリ画面

このアプリで目玉となるのは、チームメンバーとのファイル共有が可能なこと。White 氏は、次のように述べている。

「他者と作業しているとき、利用者はスマートフォン上で Word や Excel に付けられたコメントを確認し、自分もコメントを付けることが可能だ。編集作業の終了後には、SkyDrive や SkyDrive Pro に直接ファイルを保存したり、E メールの添付物として送信したりできる」

では、iPad 版の Office Mobile はいつリリースされるのだろうか?Microsoft は、iPad 所有者に対しては、Web アプリの利用を勧めている。Microsft Office のプロダクトマーケティング上級ディレクターである Pat Fox 氏は、公式 Blog で次のように述べている。

「Microsoft は、iPhone 向けの Office Mobile を、小さな画面を使用しているときでも、素晴らしい Office 体験が可能になるように開発した。iPad を利用している場合は、Office Web Apps を使用することを推奨する。これは、タブレット上で、最高の Office 体験を提供するものだ」

(この記事は、6月16日付けの英文記事の抄訳です)