KDDI は、5月29日5時20分より関東の一部地域で「4G LTE」データ通信サービスが利用できない、もしくは利用しづらい状態になっている件についての続報を発表した。それによると、通信障害は記事執筆時点(5月29日16時30分ごろ)も続いており、障害の起きていない 3G データ通信サービスも利用集中で利用しずらい場合があるという。

この問題の原因は LTE 基地局制御装置の故障で、東京都/神奈川県/山梨県の一部でサービス障害が発生。影響を受ける端末の台数は最大でおよそ56万台あるとしている。

なお、音声通話は現在も通常通り利用できるそうだ。