西日本旅客鉄道(JR 西日本)は、海外から訪日する人向けの無料公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービスを7月1日より11駅で提供する。また、現在175駅で整備作業を行っている一般向けの Wi-Fi サービスについても、29駅で先行して7月1日にサービスを始める。両サービスとも、大規模災害時には対象者に制限を設けず無料開放するとしている。

JR 西日本、新幹線/在来線11駅で訪日外国人向け無料 Wi-Fi を提供へ
訪日外国人向け 無料公衆無線LANサービス

訪日者向けサービスの名称は「訪日外国人向け 無料公衆無線LANサービス」。以下の対象駅では、改札口付近やコンコース内にある待合室などで Wi-Fi 経由のインターネット接続が無料で利用できる。

・山陽新幹線:新神戸/岡山/広島/小倉/博多駅
・在来線:京都/新大阪/大阪/天王寺/関西空港/三ノ宮駅

サービスを使うには、訪日前にあらかじめ「ゲストコード」を取得しておき、利用時に SSID「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」の Wi-Fi アクセス ポイントを選択する。ログイン画面は、日本語のほか英語、中国語、韓国語に対応している。また、JR 西日本は旅行情報を提供するポータル サイトも用意する。

旅行情報を提供するポータル サイト
旅行情報を提供するポータル サイト

一般向けサービスの名称は「公衆無線LANサービス」。整備対象175駅のうち、以下の29駅でサービスを先行提供する。

・山陽新幹線:新神戸/西明石/姫路/相生/岡山/新倉敷/福山/新尾道/三原/東広島/広島/新岩国/徳山/新山口/厚狭/新下関/小倉/博多駅
・在来線:京都/高槻/新大阪/大阪/天王寺/京橋/鶴橋/新今宮/関西空港/三ノ宮/神戸駅

公衆無線LANサービス
公衆無線LANサービス