モバイル エンタープライズ向けソリューションプロバイダのアルバネットワークスは、802.11ac 対応ソリューションを発表した。

この 802.11ac 対応ソリューションは、デバイス密度やパフォーマンス、信頼性の問題を解消するもの。Aruba の ClientMatch 技術で、「スティッキークライアント」は Aruba の無線 LAN 内でローミングを行い、接続できる範囲内で最適なアクセスポイントに常に接続する。

同社の新たな主力製品である「Aruba AP-220」シリーズには、Aruba 独自の新技術「ClientMatch」が採用されている。

Aruba AP-220 シリーズは 802.11ac 専用設計で、モジュール型 802.11ac 対応アクセスポイントとは異なり、消費電力を低減すると同時に省電力モードを搭載、802.3af PoE 電源で低速稼動もできる。最高速度は 1.75Gbps(Broadcom の TurboQAM 搭載デバイスの場合は最高 1.9Gbps)。

また、Gbit イーサネットの2ポートのリンクアグリゲーションをサポート、5GHz/2.4GHz のいずれの周波数帯でも最高速度を実現できる。

ClientMatch は Aruba の特許技術で、802.11ac/802.11n 対応 Wi-Fi ネットワークでモバイルデバイスが最適なアクセスポイントに接続できない、いわゆる「スティッキークライアント」問題を解消するもの。

「スティッキークライアント」は、モバイルデバイスのローミングアルゴリズムが劣っているために発生する問題。RF 干渉が適切に監視されないために、競合する低速デバイスがチャネル全体を独占してしまう。

ClientMatch は、Wi-Fi インフラにクライアント接続とローミング決定の制御機能を持たせることで、Wi-Fi に接続したクライアントのパフォーマンスを動的に最適化する。802.11 標準規格を活用し、ユーザーがローミングを行ったり RF 状況が変化しても、常に最も近くの、最も混雑していない AP に各デバイスを接続する。

ClientMatch はデバイスからリアルタイムにパフォーマンス指標を収集し、AP ごとに RF 状況を監視する。その後、このデータをインテリジェントに活用して使用できる最適な AP にデバイスを接続する。

アルバ、「スティッキークライアント」問題を解消する企業向け 802.11ac 対応アクセスポイントを発表
アルバネットワークスのトップページ