モバイル決済の米国 Square は5月23日、日本国内でも「Square」サービスを開始した。Square は今回日本でサービスを開始するにあたり、三井住友カードと提携した。

Square(スクエア)は、「Make Commerce Easy」(“あなたの商業活動”を簡単にする)というミッションのもとに生まれた、中小企業や個人事業主向けスマートフォン決済システム。北米で急速に拡大しているそうだ。

スマートフォン/タブレットで利用できる独自の POS システムを持ち、「Square レジ」アプリと、クレジットカードを読み取る切手サイズの「Square リーダー」だけで利用できる。

事業者は1回の取引につき手数料3.25%を負担すれば、クレジットカード決済を受け付けることができるようになる。「Square レジ」と「Square リーダー」の利用は無料。また、決済金額は、指定銀行なら通常翌営業日、その他の銀行も1週間以内に指定した銀行口座に自動的に振り込まれる。

北米ではすでに400万以上の中小企業や個人事業主が Square を利用、Square によるクレジットカード決済の取扱高は、年換算で150億米ドルにのぼっているそうだ。

「Square レジ」は App Store と Google Play からダウンロードできる。Square リーダーは Web サイトから無料で入手できる。

スマートフォン決済システム「スクエア」、三井住友カードと提携で日本でもサービス開始
Square の使い方