米国 Microsoft が米国で最新の CM 「Windows 8: Less talking, more doing(Windows 8:おしゃべりしないでよく働く)」を公開した。Apple の Siri の音声を利用し、Windows 8 タブレットではできるが、iPad ではできないことを一般消費者に向けて示す、比較広告になっている。

CM は、Windows 8 タブレットのスタート画面と iPad のホーム画面の比較から始まる。

Windows 8 では、スタート画面のタイルの一部が自動的にアップデートされ、天気や友だちの最新情報が一目でわかるようになっている。だが、iPad のホーム画面は、利用者からの働きかけがない限りは動くことはない。

Windows 8 の最新 CM は、iPad との比較広告 ― Siri の音声を使って iPad が時代遅れであることをからかう
iPad のホーム画面は静止しているが、Windows 8 のスタート画面は自動アップデートされる

これを、Siri の音声は次のように謝っている。

「申し訳ありません、私は Windows 8 のようにアップデートする機能はありません」

CM は、iPad がマルチタスクに対応していない点も指摘する。

画面には動画を再生しながら Outlook でメールチェックが可能な Windows 8 タブレットが示される。その隣には、動画の再生をスタートさせたら他には何もできない iPad も表示される。

iPad はマルチタスクに対応していないが、Windows 8 は対応している
iPad はマルチタスクに対応していないが、Windows 8 は対応している

これを、Siri の音声は次のように謝る。

「申し訳ありません。私は一度に1つのことしかできないのです」

CM は、iPad 上では Office 文書、特に PowerPoint 文書が扱いにくい点にも言及する。画面には、Windows 8 上で PowerPoint プレゼンテーションファイルを編集している様子が映し出される。その隣には iPad 上で互換アプリを利用して PowerPoint ファイルの編集をしようと悪戦苦闘する様子も映し出される。

互換アプリしか利用できない iPad と、PowerPoint が利用可能な Windows 8
 互換アプリしか利用できない iPad と、PowerPoint が利用可能な Windows 8

Siri の音声は次のように説明する。

「PowerPoint なら、こんなことは起こらないと思います」

米国メディアの多くは、Microsoft による今回の Windows 8 の CM を賞賛している。iPad に対する Windows 8 タブレットの優位性が非常にわかりやすく描かれているからだ。

Microsoft は、Windows 8 は価格面でも優れていると主張している
Microsoft は、Windows 8 は価格面でも優れていると主張している

残念なのは、iPad との比較対象に選ばれた Windows 8 タブレットが、ASUS 社製のものだということだ。なぜ、Surface でなかったのだろうか?

CM は、下記で見ることができる。

Microsoft による CM「Windows 8: Less talking, more doing(おしゃべりしないでよく働く)」