ソフトバンクテレコムは、東日本旅客鉄道(以下「JR 東日本」)の乗務員(運転士・車掌)を対象に iPad mini(Wi-Fi + Cellular モデル)7,000台を納入すると発表した。

今回の導入により、列車の遅延などで乗務員の担当列車が変更になる場合、乗務員が携行する iPad mini に新たな列車の時刻表を直接送付して即時に情報共有し、ダイヤ回復にかかる時間の短縮を図るという。また、さまざまなアプリケーションを活用し、顧客への案内などサービス品質の向上を目指すとしている。

ソフトバンクテレコムは、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化をサポートし、コンテンツの更新・管理作業の軽減を図るほか、各種コンテンツやアプリケーションを活用した新たなサービスを展開し、JR 東日本を支援していくという。