ソフトバンクモバイルは、2013年夏商戦向け新商品「2013 Summer」として、モバイル無線 LAN(Wi-Fi)ルーター「Pocket WiFi 203Z」(中国 ZTE 製)を発表した。下り最大 110Mbps の通信サービス「SoftBank 4G」が利用可能なほか、イー・アクセス(イー・モバイル)の 1.7GHz 帯 LTE 通信サービにも対応している。発売時期は2013年8月以降の予定。

ソフトバンク、下り最大 110Mbps のモバイル Wi-Fi ルーター「Pocket WiFi 203Z」、イー・モバイル 1.7GHz帯にも対応
Pocket WiFi 203Z

Pocket WiFi 203Z は、最大通信速度が下り 110Mbps、上り 10Mbps のモバイル Wi-Fi ルーター。対応している通信方式は 2.5GHz 帯 AXGP、1.7GHz 帯 FDD-LTE、1.5GHz/1.7GHz 帯 W-CDMA と多彩で、ソフトバンクモバイルの LTE サービスに加え、3G サービス「ULTRA SPEED」、イー・モバイルの「EMOBILE LTE」「EMOBILE G4」を使ったインターネット接続が行える。公衆 Wi-Fi サービス「ソフトバンク Wi-Fi スポット」を介した接続も可能で、幅広いエリアで利用できる。

同時に最大14台のスマートフォンやパソコン、ゲーム機、音楽プレイヤー、デジタルカメラといった Wi-Fi 対応機器(IEEE802.11b/g/n)を接続できる。内蔵バッテリの容量は約 5,000mAh あり、最大連続通信時間は約13時間、最大連続待受時間は約640時間とする。さらに、スマートフォンやタブレットへ給電する機能も備えるため、外出先でほかの機器を充電するモバイル バッテリとしても使える。

おおよそのサイズは幅110×高さ67.5×厚さ 18.6mm、重さは未定。ボディーカラーは「ブラック」の1色。