UQ コミュニケーションズは、高速無線ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」で対応機器に付与する IP アドレスを、現在のグローバル IP アドレスからプライベート IP アドレスへ切り替える。世界的に IPv4 グローバル IP アドレスが不足しているための対応という。切り替えは2013年6月以降に順次行う。また、グローバル IP アドレスを必要とするユーザー向けに、税込み月額100円の「グローバル IP アドレスオプション」を用意する。

今回の切り替え対象は、「UQ Flat 年間パスポート」「UQ Flat」「UQ Step」。機器に割り当てられるアドレスが UQ のネットワーク内に限定されたプライベート IP アドレスになり、外部と通信する際グローバル IP アドレスに変換されてインターネット通信することとなる。「UQ Flat プラス」「UQ 1 Day」は従来通りグローバル IP アドレスを利用できる。

UQ、IPv4 不足で WiMAX 機器にプライベート アドレス付与へ、「グローバル IP アドレスオプション」を用意
プライベート IP アドレスによる利用

プライベート IP アドレスに切り替わっても、多くのインターネット利用形態で問題なく通信可能という。ただし、外部から IP アドレス指定でアクセスされるサーバーや、UPnP 対応/ポート開放が必要な一部オンライン ゲーム、VPN の一部などは、グローバル IP アドレスを割り当てないと機能しないことがある。

グローバル IP アドレスを必要とするユーザーには、グローバル IP アドレス割当を保証する有料オプション サービス「グローバル IP アドレスオプション」を提供する。サービス利用申し込みは、5月21日より受け付ける。

グローバル IP アドレスによる利用
グローバル IP アドレスによる利用