ソフトバンクモバイルは、ユーザーの活動量データをクラウド上に保存し、健康状態を管理できるスマートフォン向けサービス「SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)」を2013年夏以降に提供開始すると発表した。

SoftBank HealthCare は、活動量計などの対応デバイスによって計測した健康データをクラウド上に蓄積し、健康に関するさまざまなサポートを行うサービス。利用料金は2年間の継続利用で月額490円となっており、専用アプリ、クラウドデータベースの利用、ワイヤレスリストバンド「Fitbit Flex」がセットになる。対応予定端末は、iPhone 4S 以降と AQUOS PHONE Xx 206SH。

対応デバイスの第一弾として発表された「Fitbit Flex」は、リストバンドのように腕に装着することで歩数や距離、消費カロリー、睡眠時間の4つの健康データを計測できる活動量計で、スマートフォンと Bluetooth 通信することによって「Fitbit Flex」が計測した健康データをクラウド上に自動的に蓄積するという。

ワイヤレスリストバンド型モデル「Fitbit Flex」
ワイヤレスリストバンド型モデル「Fitbit Flex」

蓄積された健康データは、専用のアプリケーションから確認可能。メニューの「ヘルスケアバランス」では、5つの指標(体力・抗エイジング力・意識力・継続力・美力)で身体の状態を分析して表示するとのこと。

ソフトバンク、スマホ向け健康管理支援サービスを今夏開始へ--リストバンド型活動量計「Fitbit Flex」を利用
ホーム画面(左)と「ヘルスケアバランス」(右)

また、あらかじめ登録したユーザーの顔写真を基に将来の顔や体重を予測する「タイムマシン」や、着けて寝るだけで眠りの状態(時間/サイクル)を測定する「睡眠測定」の機能、専門の看護師/栄養士/医師による無料電話相談サービスも利用できるそうだ。

「タイムマシン」利用イメージ
「タイムマシン」利用イメージ

「健康相談」(左)と「睡眠測定」(右)
「健康相談」(左)と「睡眠測定」(右)

同社では今後、「Fitbit Flex」以外にもさまざまな対応デバイスを追加するとともに対応スマートフォンも拡大していくほか、クラウド上に蓄積する健康データの種類を拡大し、サービスの拡充を図るという。