ソフトバンクモバイルは、同社として初のシニア向け Android スマートフォン「シンプルスマホ SoftBank 204SH」(シャープ製)を発表した。4月26日に購入予約の受け付けを開始し、5月上旬以降に発売する予定。また、発売に合わせて月額2,980円の専用データ通信サービス「パケットし放題フラット for シンプルスマホ」の提供を開始する。

ソフトバンク初のシニア向けスマホ「シンプルスマホ 204SH」、専用定額パケット プランも提供
シンプルスマホ SoftBank 204SH

シンプルスマホ SoftBank 204SH は、見やすい文字表示や各種機能専用ハードボタン搭載などによる簡単操作が特徴。初めてスマートフォンを使う人でも操作しやすいという。ただし、Android アプリケーションを Google Play などからダウンロードして追加インストールすることができない。この点は、NTT ドコモの「らくらくスマートフォン F-12D」と同じく、仕様を割り切って使いやすさを優先させた形となっている。

具体的には、画面の文字やボタンを大きくしたほか、さまざまな状況で画面を拡大表示する機能「かんたんズーム」も搭載。タッチパネルに対する「触れる」と「押す」を判別できる機能「かんたん押し感タッチ」を採用し、誤操作を軽減する。ホーム画面に戻る「ホームボタン」に加え、電話機能とメール機能にアクセスする専用ハードボタンを設けた。電話の着信などがあるとこのハードボタンが光るため、操作を迷いにくい。マイクに話しかけて電話発信やカメラ起動、文字入力などを行ったり、メールを音声で読み上げたりする機能、周囲の音に応じて音量を聴きやすく調整する機能、緊急ブザーなども備えている。

画面は約4.0インチ(800×480ピクセル表示)で、有効画素数が約490万画素のメイン カメラ、同約30万画素のサブ カメラを搭載する。IPX5/IPX7 相当の防水性能、IP5X 相当の防塵(ぼうじん)性能を備える。RAM 容量は 1GB、ストレージ用メモリー容量は 4GB。Android OS のバージョンは4.0。

LTE 通信サービス「SoftBank 4G」には非対応、「プラチナバンド(900MHz帯)」は利用可能。「3G ハイスピード」利用時の最大データ通信速度は下り 14Mbps、上り 5.7Mbps。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n)/Bluetooth(Ver.3.0)による無線データ通信が可能。テザリングは行えない。ワンセグ/赤外線通信/GPS/緊急速報メールに対応。おサイフケータイ/NFC には対応していない。

おおよそのサイズは幅64×高さ128×厚さ 12.0mm、重さは約 130g。ボディ カラーは「シルバー」「ピンク」「ネイビー」の3色。

カラー バリエーション
カラー バリエーション

また、シンプルスマホ SoftBank 204SH 専用のパケット定額サービス、パケットし放題フラット for シンプルスマホは、月額2,980円でデータ通信サービスをパケット量を気にすることなく使えるもの。ただし、各月のデータ通信量が 500MB を超えた場合、請求月末まで最大通信速度が上り/下りとも 128kbps に制限される。制限を解除する場合の料金は、2GB ごとに2,625円。