Google Glass を入手した開発者の何人かは、すでにそのかけ心地や性能を Web 上で公開し始めている。データ解析企業米国 Numerate の CTO である Brandon Allgood 氏もその1人。同氏は、4月17日の Google+ への投稿で次のように述べている。

Google Glass のかけ心地は?性能は?
Numerate CTO Brandon Allgood 氏
「私は今日1日、Google Glass を装着して過ごした。Google Glass は軽く、1日装着していても気にならなかった。バッテリーは、本当にまる1日持った」

Allgood 氏は、Google Glass を装着したまま仕事に臨んだそうだが、同僚はこのデバイスにみな興奮していたという。

「全般的には、反応は肯定的なものだった。同僚は、私が Google Glass を装着したままミーティングに参加しても、嫌がったりはしなかった。私はシリコンバレーの住人なので、他の人は違う経験をしているかもしれない」

Allgood 氏は、骨伝導システムには感銘を受けたと述べている。これは音声を、装着者の骨を通じて伝えるシステムだ。

「バックグランドノイズがある場所でも、音声の聞き取りに問題はなかった。だが音漏れはする。会議中に、試合中継を聞くことはできない」

Allgood 氏は eWeek の電話インタビューに答え、まだ36時間しか使用していないが、同氏はすでに Google Glass のとりこになっていると述べた。

「Google Glass は生活習慣を一変させるものだ。これまでであれば、私は何かしようと思ったとき、コンピューターのもとへ走っていた。だがいまではそんなことをする必要はない。Glass があるからだ。Glass は革新的なデバイスだ」

Allgood 氏は、Google Glass でもっとも素晴らしいのは、Google Now サービスだと述べた。Google Now では、「イベント」「フライト」「スポーツ」といった名称を持つ"カード"で情報を提供する。カードは、利用者の必要に応じて表示される仕組みだ。例えば、利用者が電車の駅に向かっているとき、「公共の交通機関」カードが表示されるようになっている。

Google Now は Android スマートフォンでも利用できるが、Google Glass ではさらに便利だと Allgood 氏は語った。

「朝起きて、Google Glass の電源を入れる。すると、目の前には勤務先までの道路の混雑状況が表示されるのだ。私は、Google Glass に対して、これからどこに行くのかを指示したわけではない。だが、昨日私が職場に向かい、そこで1日過ごしたことから、Google Glass は私の目的地を学んだのだ。退社時間頃になれば、Google Glass は私が帰宅すると認識し、それにあった情報を表示する」

帰宅時間頃には、San Francisco Giants の試合状況も、Google Glass 内部にライブで表示されたそうだ。

Allgood 氏によれば、Google Glass には改善すべき点もあるという。同氏は、現時点では Glass で利用できるアプリの数は非常に限られていると述べた。利用できるのは、Google+、Gmail、モバイルソーシャルメディアプラットフォームの Path などだ。他に、写真とビデオ機能も利用できる。だが、Glass 利用者の可能性を広げるには、さらに幅広いアプリを利用可能にする必要があると、Allgood 氏は語った。