MMD 研究所は2013年4月1日から4月4日にかけ、docomo・au・SoftBank のスマートフォンユーザー各400人(計1,200人)を対象に「携帯キャリアのネットワーク実感調査」を実施し、18日に結果を公表。自身が利用するスマートフォンの「つながりやすさ」と「通信速度」について、現状と半年前でどの様にネットワーク環境の変化を感じているかなどを探った。

まず、4G/LTE などの高速通信対応スマートフォンの利用者(docomo ユーザー218人、au ユーザー123人、SoftBankユーザー152人)に対し、自身が利用しているスマートフォンの「つながりやすさ」「通信速度」について普段どのように感じているか尋ねた。

結果、「つながりやすさ」では、SoftBank ユーザーの44.7%、au ユーザーの41.5%、docomo ユーザーの39.9%が「つながりやすい」と回答。「通信速度」については、SoftBank ユーザーの44.1%、au ユーザーの43.1%、docomo ユーザーの35.8%が「通信速度が速い」と実感していた。

続いて、6か月前と比べて「つながりやすさ」と「通信速度」をどのように感じているか尋ねたところ、いずれも SoftBank ユーザーが最も「6か月前よりもつながりやすい」「通信速度が速くなった」としたという。これについて MMD 研究所は、3キャリアの中で SoftBank のスマートフォン利用者が最もネットワーク改善の実感を持っていると結論付けている。

6か月前と比べての「つながりやすい」「通信速度」の実感度
6か月前と比べての「つながりやすい」「通信速度」の実感度

本調査では上記のほか、利用中のスマートフォン端末と携帯キャリアの満足度についても質問。結果、スマートフォン端末の満足度については  SoftBank、携帯キャリアの満足度については au が1位になった。

スマートフォン端末の満足度と、自身の携帯キャリアの満足度
スマートフォン端末の満足度と、自身の携帯キャリアの満足度