NTT ドコモは、子供向け Android スマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」(シャープ製)向けアップデート用ソフトウェアの提供を開始した。このアップデートで電子マネー「モバイル Suica」が利用可能となるほか、位置情報に関する対応機能が追加される。

ドコモ、子供向けスマホ“ジュニスマ”「SH-05E」のソフト更新で「モバイル Suica」対応に
スマートフォン for ジュニア SH-05E

SH-05E は、通話/通信/アプリケーションなどに機能制限をかけることが可能な子供向け端末。通話やメール交換は電話帳に登録した相手だけに制限されており、利用/通話の時間制限も設定可能。インターネット アクセス時には「sp モードフィルタ」で有害サイトをブロックする。防犯ブザーを搭載しており、防犯ブザー鳴動と連動して登録済み連絡先に自動発信する機能も備える(関連記事1、関連記事2)。

今回のアップデートを適用すると、「おサイフケータイ」の機能として新たにモバイル Suica が利用できるようになる。また、保護者などのパソコン/携帯電話/スマートフォンから端末の所在地を調べる機能「イマドコサーチ」への対応を拡充し、「ブザー検索」「電源OFF検索」「ちょこっと通知検索」に対応させる。

モバイル Suica とイマドコサーチ
左:モバイル Suica(出典:JR 東日本)
中/右:イマドコサーチ(出典:NTT ドコモ)

アップデート用ソフトウェアは自動的にダウンロードされ、設定済みの時間帯にアップデートが実行される。初期設定状態だと、時間帯は午前2時から午前5時となっている。待受中にメニューから手動アップデートすることも可能。アップデートには約3分かかる。

なお、アップデートを行うには、事前に端末のソフトウェアを最新のビルド番号「01.00.05」へ更新しておく必要がある。