日本トイザらスは、Android 4.0 を搭載した子ども向け7インチタブレット「MEEP!(ミープ)」を、4月26日に国内で初めて発売する。それに伴い、全国のトイザらス・ベビーザらス店舗および同オンラインストアにおいて、本日4月10日から予約を開始した。価格は、1万4,999円。
 
トイザらス、Android 搭載子ども向けタブレット「MEEP!」の予約を開始
日本初上陸の子ども向けタブレット端末「MEEP!」

MEEP!は、米国のオレゴン・サイエンティフィック社が製造する7インチディスプレイを搭載した子ども向けタブレット端末で、一般的なタブレット端末と同様に、インターネット、ゲーム、電子書籍、チャット、アプリなどが楽しめる。2012年9月に米国で発売され、発売後3か月で25万台以上を売り上げた。

子どもが安全にインターネットやアプリを楽しめるよう、子どもの利用状況を保護者が管理できる「ペアレンタルコントロール機能」を搭載。保護者が自身のパソコンやスマートフォンなどから MEEP!の管理サイトにアクセスし、インターネットやアプリなどの使用制限を設定したり、使用履歴、使用時間などを管理できるという。

管理画面イメージ
管理画面イメージ
 
同機には、アングリーバードや UNO などの人気ゲームや、子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」のブラウザーアプリなど、約50種類のコンテンツをプリインストール。また、アプリやコンテンツをダウンロードできる「MEEP!ストア」では、無料アプリに加えて、あらかじめ保護者が購入した仮想通貨「MEEP コイン」を使用して子どもが有料アプリをダウンロードできるほか、「Google Play」からも子ども向けコンテンツをダウンロードできるという。なお、子どもがアプリをダウンロードする際に保護者の承認を必要とする条件設定も可能だ。

本体は子どもが握りやすいようデザインされており、落としたりぶつけた場合に備えてシリコン製カバーで保護。スクリーンには、タブレットでは初となる zForce 技術を採用し、指だけでなく、ペンや絵筆、手袋をつけたままでもタッチ操作ができるという。

「MEEP!」商品仕様
「MEEP!」商品仕様

本体サイズは、約140mm×約219mm×約28mmで、重量は約450g。本体カラーは、オレンジ、ブルー、ピンクの3色。

OS には Android 4.0 を採用。RAM 容量は 512MB、ストレージ用メモリ容量は 4GB で、32GB までの microSDHC カードに対応している。7インチディスプレイは800×480ピクセルの解像度で、ミニ HDMI ケーブル(別売)による外部出力が可能。バッテリー容量は 2000mAh で、連続使用可能時間は約4時間。データ通信は無線 LAN(Wi-Fi)で行う。