MMD 研究所は、Android 端末と iPhone 5 を対象に「2013年3月スマートフォン キャリア・地域別通信速度比較調査」を全国主要都市(23 都市・100 箇所)で実施した。NTT ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3キャリアで調査した通信速度は、Android・iPhone 5 ともにソフトバンクが最速となっている。

同調査は、全国の主要23都市合計100箇所にて、4G/LTE の捕捉状況ならびにスマートフォンの通信速度テストを実施したもの。使用端末は、NTT ドコモが「Xperia Z SO-02E」、KDDI(au)が「HTC J butterfly HTL21」と「iPhone 5」、ソフトバンクが「AQUOS PHONE Xx 203SH」と「iPhone 5」。

全国主要都市のスマートフォン通信速度は、Android・iPhone 5 ともにソフトバンクが最速
「2013年3月スマートフォン キャリア・地域別通信速度比較調査」

まず Android 端末の全国平均通信スピードは、ソフトバンクがダウンロード平均値27.04Mbps、KDDI(au)が平均20.27Mbps、NTT ドコモが平均15.37Mbps となり、ソフトバンクが最速だった。ソフトバンクはiPhone 5 の通信スピードでも良好な結果を示し、KDDI(au)が平均7.93Mbps に対して平均9.88Mbpsを記録した。

4G/LTE 捕捉エリアについては、iPhone 5でソフトバンク、Android 端末で KDDI に軍配があがり、ソフトバンクは iPhone において通信スピードと4G/LTE エリアともに優位となった。(Android 端末:全国100箇所中 KDDI(au) 100箇所、NTT ドコモ 97箇所、ソフトバンク 91箇所。iPhone 5:全国100箇所中ソフトバンク 97箇所、KDDI(au) 84箇所)

なお、今回調査を実施した都市は下記の通り。調査実施期間は2013年3月21日〜3月27日。

◆調査を実施した23都市
札幌、盛岡、仙台、新潟、千葉、さいたま、東京、川崎、横浜、金沢、静岡、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、高松、広島、北九州、福岡、熊本、那覇

◆各地域/調査スポットの結果詳細
・Android
http://mmd.up-date.ne.jp/data/130409_Android_index.html
・iPhone 5
http://mmd.up-date.ne.jp/data/130409_iPhone_index.html