米国 Facebook CEO である Mark Zuckerberg 氏は、投資家や株主から、モバイル市場での成功を強く求められてきた。これに対応するため、Facebook はモバイル世界への進出を様々な方法で試みてきた。

Zuckerberg 氏は4月4日、Android OS 向け Facebook アプリ「Home」と、Home をプリインストールしたスマートフォン「HTC First」を発表した。これらは、Facebook がモバイル市場で成功するカギとなると見られている。Home は、HTC First を含む複数の Android スマートフォンで、4月12日以降利用可能となる。

Home とは、Android スマートフォンを Facebook フォンにするアプリ。HTC CEO である  Peter Chou 氏はプレス向けの Home 発表イベントで、「モバイルとは、ソーシャルのことだ」と述べた。

Home には様々な機能がある。ここでは、私、Chris Preimesberger が撮影した画像を参照しながら、その機能を紹介したい。

Home のホームページ

Facebook Home は4月12日以降 Google Play からダウンロード可能となり、複数の Android スマートフォン上で利用可能となる。Home を一言で説明すれば、既存の Facebook アプリを集約するアプリ。ソーシャル体験をよりユーザーフレンドリーにすることを目指している。

Facebook、Android スマートフォンを Facebook フォンにするアプリ「Home」を発表

HTC First

台湾 HTC は、2010年に最初に Google Nexus 1 スマートフォンを製造した企業。同社は、Facebook Home をプリインストールしたスマートフォン「HTC First」を製造する最初の企業ともなった。価格は、99ドルと発表されている。

HTC First

Home が利用可能なスマートフォンは、HTC First の他5機種

HTC First の他、Facebook Home をオプションで選択できる5機種が発表された。HTC One、HTC One X、Samsung Galaxy S III、Samsung Galaxy S 4 そして Samsung Galaxy Note II だ。

Home が利用可能なスマートフォンは、HTC First の他5機種

Facebook Home の目玉機能は「Chat Heads」

Chat Heads とは、様々なアプリを利用しながら、チャットも可能にする機能。例えば、写真を眺めたり、Web を閲覧したりしながら、チャットを楽しむことができる。会話は、利用者が開いているアプリ画面の上に、オーバレイで表示される。

Facebook Home の目玉機能は「Chat Heads」

通知機能

Facebook Home は、様々な種類の通知を統合して、利用者に通知する機能を持っている。テキストメッセージ、E メール、ボイスメール、お気に入りのニュースサイトからの通知などだ。利用者はコンテンツのアップデートを、ホームページで知ることができる。どの通知を受け取るかは、利用者が設定可能だ。

通知機能

タブレット対応は?

Zuckerberg 氏は、Android タブレット向け Facebook Home は現在開発中だと述べた。リリースは、数か月後を予定しているようだ。

タブレット対応は?

Home のチャットアプリ、UI が一新

新しいチャットアプリでは、チャット相手の画像が常に表示される。

Home のチャットアプリ、UI が一新

Zuckerberg 氏、世界各国からの報道陣に囲まれる

Facebook CEO である Mark Zuckerberg 氏は、発表イベントで、世界各国の報道陣に取り囲まれた。 同氏は、iOS 版 Home アプリの登場を否定はしなかったが、実現には時間がかかるとも述べた。

「Facebook は、Apple と良好な関係を保っている。私は、iOS を Home アプリ開発の対象外とするつもりはない。だが、Android プラットフォーム向けの Home 開発では、スマートフォンベンダーとゼロから開発協力することができた。Apple との共同開発では、より長い時間がかかるだろう」

Chris Preimesberger
Chris Preimesberger は、eWeek の編集主任。