匿名の情報筋がメディアに対し、Google が新型 Nexus 7 のリリースを7月に予定しているとリークした。新型ではハードウェア性能が向上される一方、エントリーモデルの価格は150ドル以下に抑えられる見込みだという。

この件を最初に伝えたのは、Reuters だった。

「2名の情報提供者が Reuters に語ったところによれば、Google は、Qualcomm 製の Snapdragon プロセッサを搭載した新型 Nexus 7 タブレットを7月に出荷開始する予定だという。Google は同デバイスにより、低価格なモバイルデバイス市場でのシェア拡大を目指すようだ。同製品に詳しい情報筋によれば、Google は Asustek が製造する新型タブレットで Amazon Kindle Fire や Apple iPad mini と競合する低価格帯のタブレット市場に本格参入し、2013年下半期に同デバイスの800万台の販売を目指しているという」

Ars Technica は、新型 Nexus 7 での機能向上をまとめている。

「新バージョンは、昨年発売されたモデルに対して機能向上がなされている。画面枠はわずかだが細くなり、本体サイズを小型化することに貢献している。一方、画面の解像度は現行機種の 1,280x800 pixel から改善される見込みだ。プロセッサには、現行の Nvidia SoC ではなく、Qualcomm 製のチップが搭載される。Qualcomm チップの搭載決定は、電力消費量の低減が目的ということだ」

eWeek は、Google がエントリーモデルタブレットの価格引き下げを実施する可能性を指摘している。

「情報筋によれば、Google は新型タブレット発表と同時に、旧モデルの提供を中止するという。また、Google はエントリーモデルの価格を現在の199ドルから149ドルに下げる可能性もあるそうだ」

ZDNet は、Nexus 7 の登場は、Amazon Kindle Fire の登場とともに、Android タブレットの低価格化を促進したと述べている。

「初期型 Nexus 7 は、広く一般消費者に受け入れられ、小売店からは在庫不足が報告されたほどだった。Google が小型の Android タブレットをリリースしたのは、Amazon による Android OS のフォークを使用したタブレット Kindle Fire の成功を受けてのことだったと見られている。

Kidle Fire と Nexus 7 が登場するまでは、Android タブレットにはプレミアム価格帯の製品が多かったが、大手2社による低価格タブレットが市場に登場したことで、この流れが大きく変化した」