ソフトバンクモバイルは、東京国際フォーラムで、同社の公衆無線 LAN サービス「ソフトバンク Wi-Fi スポット」を開始した。各ホールロビー、地下コンコースなどがサービスエリアで、Wi-Fi による高速通信を利用できるようになった。

また、東京大学構内でも「ソフトバンク Wi-Fi スポット」サービスを開始した。開始当初は本郷キャンパスと柏キャンパスの一部だが、順次、駒場キャンパスなど、構内の利用エリアを拡大する。

さらに、神戸市営地下鉄各駅の構内でも、「ソフトバンク Wi-Fi スポット」サービスを開始した。西神・山手線および海岸線の15駅から開始し、6月1日には、残る11駅を含め全26駅が利用可能エリアとなる。

「ソフトバンク Wi-Fi スポット」は、全国の駅や空港、カフェなどで利用できる、ソフトバンクモバイルの公衆無線 LAN サービス。iPhone や iPad、SoftBank スマートフォンなどから利用できる。