NTT ドコモは、地震や大雨などの自然災害や集客イベント時に通信を確保するために、高速通信サービス LTE に対応した「Xi」移動基地局車を導入した。

Xi 移動基地局車を3月31日に1台導入、夏までには全国で合計約30台に拡大する。また、今後、一部車両では受信時最大 112.5Mbps1 の高速通信サービスにも対応する予定。

移動基地局車は、大規模災害時の被災地での迅速なエリア復旧や花火大会、大型コンサートなどの集客イベント時に、基地局車周辺における通信を確保、または通信品質を維持、向上することを目的として導入されるもの。

これまで、ドコモでは、FOMA に対応した移動基地局車を約50台導入しているが、これに改良を加え、Xi に対応する。

ドコモ、Xi 対応の移動基地局車を導入
「Xi」移動基地局車